濱風炉 ハマブロ

濱音の公式ブログです。
濱音ヒストリー その24
c0142001_23382019.jpg


2002年6月初の週末、
濱音イベント最大規模の「蹴音(けりおと)」が開催となった。

蹴音~濱大将~ KICK AND SHOUT (相鉄ジョイナス・自然の広場)
6月1日(土)
市原俊明 サスケ ゑこらい 高橋知秀 Relief Choji はしもとひろき PHUKET FINE  フジモトタカコ Green Piece
6月2日(日)
ぐりんひる ユーリ うすいまさと Eiichi TAKU YASKI N.U. 児島啓介 田村達司 中原明彦



以前からの濱人であるTAKUや田村達司(ex.たまご☆ピリ)、中原明彦(ex.たまご☆ピリ)、Green Pieceのほかに、
Choji主催の「月の音楽会」からChoji、YASKI、ゑこらい、児島啓介が参加。
現役横浜路上組からはしもとひろき、ぐりんひる、Eiichi(どどんぱ)、Relief(左近山イベントの主催者優くんのバンド)がそれぞれ登場。
Green Pieceとともに桜木町路上で名を馳せていたのはフジモトタカコ、PHUKET FINE。
ライブハウス新横浜BELL'SでTAKUが知り合ったN.U.、ユーリ、うすいまさと、高橋知秀らも出演。ユーリはChikakoの「#157song」の原作者。
大宮路上からは「Street Fighters」に登場する前のサスケが駆けつけた(ハイカラ俊くんつながり)。

二日間にわたる祝祭空間は、盛大に幕を閉じた。規模はインディーズの無料イベントながら二日間の延べ入場者数は1,000人を越える一大イベントとして形を成した。

確かに、通常のイベントとして考えるならば、成功と言っていいだろう。
しかし、以前から大切に守ってきた「濱音」独自の空気とは明らかに違うものとなっていた。
ファンも、それぞれの好きなミュージシャンのステージが終われば入れ替わり、「トータルで楽しめる」イベントとはいえなかったし、そもそも総入場者数を考えたときに、どだい無理なコンセプトであった。

出演者一人一人が「呼ばれたから歌う」という従来のイベントとしてでなく、出演者一人一人が「濱音」というイベントを良くするための方策を考え、時間も惜しまず集まって、自分のできることを差し出し、手間を惜しまず共同で作業して一つの幸せな空気を作って行く・・そこには横浜への、そして仲間への愛やリスペクトがあった。

規模が大きくなるにつれ、書面に書かれた「企画意図」「コンセプト」といった言葉だけでは表せないあの「空気」-あの思いやりの集積からはじまった当初の横浜路上の幸せな空気の実現が
がいかに難しいか、いやそもそも奇跡のようなバランスで成り立っていたのかを思い知ったのであった。
c0142001_0313794.jpg


「蹴音」が終わり2002年、梅雨の雨も盛りを越え夏の声が聞こえる頃、
P-POPのメンバーだった東(あずま)龍太郎が、メジャーデビューを果たした。

濱音を立ち上げたメンバー誰もが、濱人仲間の東のデビューを心から喜んだのは言うまでもない。心から誇りに思い祝福し、ビールを注いだ。しかし、それと同時に若い東の躍進を知り、多少の焦りを感じ始めていたのも事実だった。

プロとして音楽で食っていく。
最初、誰しもが掲げた雲をも掴むような目標(や夢)。
でもそれが決して手の届かない目標(や夢)でなく、現実として手に入れることができると東は身をもって示してくれた。

新しい音楽を貪欲に吸収し、寸暇も惜しまず作曲に没頭すること。横浜や東京に限らず全国へ広がって行くプロモーション活動。著名人たちとの交流。
好きな場所への一途な愛や中途半端で内輪受けな笑いだけではやっていけない、常に新陳代謝が問われる勝負の世界と向き合うことを決意した彼は心なしか強く見えた。

当然のことであるかのように、次第に濱人から距離ができていった。
寂しかったが、生き抜いていく、勝ち抜いていく世界の厳しさに立ち向かうには、相当な覚悟が必要なんだろうな、と想像した。


温かい場所である「濱音」を、「ぬるま湯」にしたくない。
今後どうあるべきなのか、葛藤が始まった。


そんな中、
「蹴音」で出会ったChojiの、音楽への一途な愛を形にし続ける姿。
対照的で理想的に映った。

幸せな空間づくりについて、
学べるところがあるんじゃないか。



2002年夏の終わり、
横浜・八景島で開催される野外イベント「月の音楽会」の前日。
(「花音」、「雨音」の経験から)天気を過剰に気にするTAKUにChojiは力強く言った。


「大丈夫、絶対晴れるから」。



つづく。

開催まであと5日。
[PR]
by hamaoto | 2007-11-25 00:25 | ◆濱音ヒストリー◆
<< 続グッズ はまおとこころえ >>


by hamaoto
プロフィールを見る
画像一覧
濱音 開催情報
「濱音-第五譜-」
11月30日(金)CLUB24YOKOHAMA

OPEN 16:30 START 17:30
前売¥2,500 当日¥3,000
ドリンク代別、入場整理番号順
問合せ:045-252-4120(CLUB24)

出演:
Green Piece
NUDE VOICE
オオゼキタク
サスケ
サスライメイカー
ザ★スパイ
ロクセンチ

「濱音」は 、
参加するミュージシャン達が、自主的に企画・運営するライブイベント。
ブッキングからロゴ・映像制作、パンフレットやグッズ制作などももちろんアーティスト自身の手で行っています。
今回は「12月で閉店してしまうライブハウス・CLUB24への感謝の気持ちを込めてライブをしないか」、そう声をかけあって、久々に仲間が集まりました。前回の「濱音-第四譜-」から約5年ぶりの開催。CLUB24で、一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧