濱風炉 ハマブロ

濱音の公式ブログです。
濱音ヒストリー その25
c0142001_217506.jpg

今日は濱音から少し離れて、ツキオンについて書こうと思う。

「月の音楽会(ツキオンと呼ぶ)」は夏の終わりに横浜・八景島で行われたイベント。
イベントステージを借り切った完全自主制作の野外イベントで、2000年~2002年の3年間開催された。
横浜のライブハウスで行われる前段イベント「アポロ○号」や横浜ベイサイドマリーナ等でのプロモーションライブは、ツキオンに向かって気持ちをひとつに高めていく意味をなしており、常連メンバーのYASKIやゑこらいとともにEiichiやGreen Piece、TAKUがこれに参加した。

ツキオンは主人公が明確である。
Chojiという総合責任者がいて、彼が思い描いた完成形に向かって推進してゆくのだ。
予算管理、映像制作、会場設営、機材搬入出、当日の生ピアノの用意や弦楽四重奏セッションの依頼まですべて、自分たちの手で行われることに驚いた。
YASKIをはじめChojiと想いを同じくするミュージシャンが共同制作する構図で、ほぼ私財をなげうって成立しているといってもいいChojiのライフワークともいうべきイベントだった。

「大丈夫、絶対晴れるから」

その言葉にも表れているとおり、Chojiには強い信念があった。
その信じる力の強さが吸引力となって、ミュージシャンやファンの気持ちを掴んだ。その想いがとても純粋で、憧れに近い思いを抱いたのを覚えている。
Chojiはのちに、自ら音楽制作会社(株式会社ツキオン・エンターテイメント)を立ち上げ現在に至る。

ツキオンと比べると「濱音」は、『輪』から始まっているイベントであった。

一個人の強いイニシアチブで引っ張っていくというよりは、ミュージシャンやそのファンが集まって自然発生的にできる幸せな『輪』を形にできないか、という想いからスタートしたことを思い出した。時と場合により、強権発動で進めて行かねばならない時もある。輪の大切さを知るあまり、主張を躊躇したり、個々の活動をないがしろにしてまで輪の成立に徹してしまったりもする。

それでも、
濱人たちは、その輪をつくっているファンの温かい気持ちが好きだった。
その気持ちに歌で応えようと思った。
その想いだけで、続けて来たといってもいいかもしれない。


「想い」という形の見えないものが中心にあって、それを素晴らしいと思ってくれる人が輪になってはじめて成立する「濱音」。ツキオンのノウハウを吸収し、おおいに影響を受けて改めて自らのスタンスを再認識した出演者たちであった。


ツキオン開催前の2002年8月7日、

僕たちの手で、本当の「濱音」をやらないか。
ふと思いついたアイデアが、実現する。

そして濱人たちとファンは、
一生忘れられない景色を目の当たりとすることとなる。



つづく。

開催まであと4日。
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-26 02:18 | ◆濱音ヒストリー◆
CLUB24への行き方
c0142001_2002550.jpg


「CLUB24初めて行くので場所が分りません」
「CLUB24「YOKOHAMA」だから横浜が最寄り駅かと思ってた」
「会場に着くまでに道に迷いそうで不安」

そんなあなたの為に、簡単な道案内をしたいと思います。
所要時間約10分の道のり、これさえあれば安心!
携帯からも見れて当日も便利ですよ。

<CLUB24への行き方>

1 CLUB24の最寄り駅は「横浜」でなく「関内」。
 JR京浜東北線(水色の電車)で2駅下って「関内」駅で下車します。

c0142001_21373632.jpg

2 JR関内駅には2つ出口があります。
 「北口」の改札口を出たら、左、さらに左に曲がって、高架線路をくぐりましょう。

c0142001_21383089.jpg

3 大きな道路「新横浜通り」を渡って、道なりにゆきます。

c0142001_2423343.jpg

4 三菱UFJ証券の赤い看板と、みずほ銀行の青い看板が目印。直進です。

c0142001_21395683.jpg

5 3つ目の信号「羽衣町3丁目」を左に曲がります。
 左手前方の黄色い看板の薬局が目印です。

c0142001_21405932.jpg

6 ここからちょっと道が暗くなるので気をつけて。
 右手前方にFamily Martの緑色が見えてきます。

c0142001_2393557.jpg

6 到着です、お疲れさま!
Family MartのビルB1Fが「濱音」会場のCLUB24です。

c0142001_20241595.jpg

迷ったら、迷わずお店に電話(045-252-4120)しましょう。


さあ、階段を下りれば「濱音」があなたを待っています!
聞こえてきませんか?
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-25 20:17 | ◆お知らせ◆
続グッズ
c0142001_2222280.jpg


濱音スタッフようちです。仕事と平行しながら地道にグッズ制作しております。
今回画像としてアップしたのはテーマ「POPな女の子」。
路上での演奏を聞いていたお客さんの大半は女の子。いつもちょっと照れくさくて、肩身が狭い思いをしていたなあと懐かしく感じます。
そう、横浜の路上はハマビトたちを中心にものすごくPOPな装いをした女の子が円状に広がってさながら一輪の花のようだったのです。
そんなステキな円を描きたいと考えて、ようちが考えるPOPな配色、空の青や海の青に月や星の夕焼けの黄色を合わせてみました。

どうですかね。
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-25 02:32 | 濱音スタッフ
濱音ヒストリー その24
c0142001_23382019.jpg


2002年6月初の週末、
濱音イベント最大規模の「蹴音(けりおと)」が開催となった。

蹴音~濱大将~ KICK AND SHOUT (相鉄ジョイナス・自然の広場)
6月1日(土)
市原俊明 サスケ ゑこらい 高橋知秀 Relief Choji はしもとひろき PHUKET FINE  フジモトタカコ Green Piece
6月2日(日)
ぐりんひる ユーリ うすいまさと Eiichi TAKU YASKI N.U. 児島啓介 田村達司 中原明彦



以前からの濱人であるTAKUや田村達司(ex.たまご☆ピリ)、中原明彦(ex.たまご☆ピリ)、Green Pieceのほかに、
Choji主催の「月の音楽会」からChoji、YASKI、ゑこらい、児島啓介が参加。
現役横浜路上組からはしもとひろき、ぐりんひる、Eiichi(どどんぱ)、Relief(左近山イベントの主催者優くんのバンド)がそれぞれ登場。
Green Pieceとともに桜木町路上で名を馳せていたのはフジモトタカコ、PHUKET FINE。
ライブハウス新横浜BELL'SでTAKUが知り合ったN.U.、ユーリ、うすいまさと、高橋知秀らも出演。ユーリはChikakoの「#157song」の原作者。
大宮路上からは「Street Fighters」に登場する前のサスケが駆けつけた(ハイカラ俊くんつながり)。

二日間にわたる祝祭空間は、盛大に幕を閉じた。規模はインディーズの無料イベントながら二日間の延べ入場者数は1,000人を越える一大イベントとして形を成した。

確かに、通常のイベントとして考えるならば、成功と言っていいだろう。
しかし、以前から大切に守ってきた「濱音」独自の空気とは明らかに違うものとなっていた。
ファンも、それぞれの好きなミュージシャンのステージが終われば入れ替わり、「トータルで楽しめる」イベントとはいえなかったし、そもそも総入場者数を考えたときに、どだい無理なコンセプトであった。

出演者一人一人が「呼ばれたから歌う」という従来のイベントとしてでなく、出演者一人一人が「濱音」というイベントを良くするための方策を考え、時間も惜しまず集まって、自分のできることを差し出し、手間を惜しまず共同で作業して一つの幸せな空気を作って行く・・そこには横浜への、そして仲間への愛やリスペクトがあった。

規模が大きくなるにつれ、書面に書かれた「企画意図」「コンセプト」といった言葉だけでは表せないあの「空気」-あの思いやりの集積からはじまった当初の横浜路上の幸せな空気の実現が
がいかに難しいか、いやそもそも奇跡のようなバランスで成り立っていたのかを思い知ったのであった。
c0142001_0313794.jpg


「蹴音」が終わり2002年、梅雨の雨も盛りを越え夏の声が聞こえる頃、
P-POPのメンバーだった東(あずま)龍太郎が、メジャーデビューを果たした。

濱音を立ち上げたメンバー誰もが、濱人仲間の東のデビューを心から喜んだのは言うまでもない。心から誇りに思い祝福し、ビールを注いだ。しかし、それと同時に若い東の躍進を知り、多少の焦りを感じ始めていたのも事実だった。

プロとして音楽で食っていく。
最初、誰しもが掲げた雲をも掴むような目標(や夢)。
でもそれが決して手の届かない目標(や夢)でなく、現実として手に入れることができると東は身をもって示してくれた。

新しい音楽を貪欲に吸収し、寸暇も惜しまず作曲に没頭すること。横浜や東京に限らず全国へ広がって行くプロモーション活動。著名人たちとの交流。
好きな場所への一途な愛や中途半端で内輪受けな笑いだけではやっていけない、常に新陳代謝が問われる勝負の世界と向き合うことを決意した彼は心なしか強く見えた。

当然のことであるかのように、次第に濱人から距離ができていった。
寂しかったが、生き抜いていく、勝ち抜いていく世界の厳しさに立ち向かうには、相当な覚悟が必要なんだろうな、と想像した。


温かい場所である「濱音」を、「ぬるま湯」にしたくない。
今後どうあるべきなのか、葛藤が始まった。


そんな中、
「蹴音」で出会ったChojiの、音楽への一途な愛を形にし続ける姿。
対照的で理想的に映った。

幸せな空間づくりについて、
学べるところがあるんじゃないか。



2002年夏の終わり、
横浜・八景島で開催される野外イベント「月の音楽会」の前日。
(「花音」、「雨音」の経験から)天気を過剰に気にするTAKUにChojiは力強く言った。


「大丈夫、絶対晴れるから」。



つづく。

開催まであと5日。
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-25 00:25 | ◆濱音ヒストリー◆
はまおとこころえ
どうもロクセンチ中原です。ジングル制作の映像で脱げかかったカーディガンの人です。
あっという間にあと5日ですね。どきどき。

みんなでつくる濱音の当日は、出演者もスタッフとしてあちらこちらで走り回っています。
普段なかなか見せない姿に驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、
イベント終了までそんな出演者たちを生暖かく見守ってくださいね。

また、長時間のイベントとなるので、あたたかくも楽な格好で、軽くお腹になにか入れてからいらっしゃるとよいと思われます。途中適度に休みながら自分のペースでほくほく楽しんでもらえるとうれしいです。

各出演者がそれぞれ自ら書いた手作り感満載の濱音パンフレットを入場時にお配りします。お目当てのアーティスト以外にも新たな出会いがあるかもしれません。ぜひご覧ください。

ロクセンチはセットリスト(演奏する曲目)組んでみました。迷うねえ。懐かしいのと新しいのとが混ざったこの日限りのものになると思われます。他のみんなはどうかな。

ちなみに明日日曜日25日、同じ神奈川県つながり、かわさきエフエム79.1MHzの「PUMP UP PEEP」という番組にて、濱音の宣伝をしてきます。ゲームの話もします。15:20ごろからです。聴ける方はぜひ。
http://www.kawasakifm.co.jp/
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-24 10:24 | ロクセンチ
濱音ヒストリー その23
4年に一度やってくるもの。
2月29日。オリンピック。
そして忘れてはならないのが、サッカー・ワールドカップである。

不意に鳴った携帯に出てみると、相鉄エージェンシーの担当者の方。相鉄ジョイナス・自然の広場で開催した濱音イベント「雨音」・「風音」でお世話になって以来、またイベントやらせてください!としつこくお願いをしていたのだった。

「TAKU君、2002年の今年ワールドカップがあるよね。横浜でも盛り上げていこうということで自然の広場が今サッカーのディスプレイになってるの知ってる?」

よく知っていた。
ワールドカップ日韓共催ということで、自然の広場のグリーンのカーペットをサッカーのピッチとみたて、中村俊輔選手(横浜出身)のポスターとでっかいサッカーボールをディスプレイしたイベント会場ができていたのだ。

「あそこで、また歌のイベントやってくれないかな。但し、『W杯を盛り上げるイベント』としてなんだけど」


なんと、二日間も用意してもらっているとのことだった。

せっかくやらせてもらえるのだ、中途半端な盛り上がりではもったいない。横浜路上ライブ繋がりという枠を飛び出し、声を掛けられるだけかけてみようということになった。
結果、総勢20アーティストが出演するという「濱音」イベントの中で最大規模のイベントとなった。

一番大きかったのは、横浜・八景島で野外イベント「月の音楽会」を主催するChojiの参加だ。「濱音-第三譜-」に参加したYASKIが、Chojiの一貫した音楽に対する意識に共感していると聞き、知り合ったわけだが、その後の「濱音」のスタンスにも大きな影響を与えるできごとであった。

2002年開催サッカー・ワールドカップを盛り上げるイベント「蹴音」が実現することとなった。
二日間に渡り、横浜に「濱音」が響き渡った。

c0142001_20355257.jpg




つづく。

開催まであと6日。
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-24 00:06 | ◆濱音ヒストリー◆
濱音〜ジングル〜
濱音ジングルはこんな感じで作っていました。

YouTubeに追加しました。

http://jp.youtube.com/watch?v=DlXs9l22ocI

お暇がありましたら見て下さい。

結構おもしろいです。
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-23 09:16 | 濱音スタッフ
グッツグッツグッツ
濱音スタッフです。もとい、濱音スタッフようちです。
寒いですねぇ。鍋でも食べたいです。キムチ鍋なんかどうですかね、磯部さん。

ええと、今回グッズ制作を仕切らせてもらっております。
いや、勝手にやってます。自費です。懐が寂しいです。

制作したものは「缶バッジ」です。久しぶりの濱音、何かお土産みたいなものがないか、
そう、オオゼキさんから話を振られましたので、以前濱音でグリピまっつんが夜なべして一個一個手作りをしたという缶バッジを作る事にしました。
一応3種類ご用意いたしま…す。(まだ制作中です…)
ここでちょっとお見せします。

c0142001_4434185.jpg

こんな感じです。非常にシンプル。
コンセプトとしては青い海と響き続ける音って事で青い文字の連続を。
青春の青、もちょこっと入っております。あと、ゲーム好きなナカヤン氏に敬意を表してゲーム風のフォントを使用しております。

皆様、一家に一つの濱音バッジをどうぞその手に!!

是非!!
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-23 05:00 | 濱音スタッフ
あっ、びっくり!
もう濱音まで一週間っ!!

やばいっ!
なんかそわそわしてきた!


待ち侘びてるなぁ…俺…
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-23 04:58 | Green Piece
濱音ヒストリー その22
c0142001_3215621.jpg


第3回目の濱音、開催。

2002年3月21日(木)
濱音~第三譜~ FLYING START (CLUB24YOKOHAMA)
ぐりんひる(オープニングアクト) Green Piece NUDE VOICE TAKU YASKI 中原明彦


まだまだ寒いけれど、僕らの熱気で一足先に春を始めてしまおう。
そんな想いでサブタイトルは「FLYING START」と名付けられた。

今回は映像面で少し凝ったことをやってみようと、ドラマ仕立ての撮影が行われた。
詳しくは「濱音」予告ムービーを見ていただければ一目瞭然。刑事ものというコンセプトで台本が書かれることになった。

関内CLUB24で事件(=「濱音」)が起きている!刑事たち(=出演者)は会場に今すぐ集合せよ!という設定。関内の大通り公園に集合し、撮影を開始。ちょっとばかばかしいくらいが、丁度いいじゃないか。そのぬるめの温度感も、皆が気に入っていた。
真ん中でマイクを向けているのは、neddy解散後アコーディオン奏者としての活動をスタートした頃のヤス君。今回はスタッフの中核メンバーとして全体を切り盛りした。

c0142001_3332930.jpg


桜木町の東横線ガード下を拳銃を持って走ったり(車から走る出演者たちを撮影)、真剣白羽取り(何故そうなったかは不明)でGreen Piece村松君がケチャップまみれになったりした。ほかにも共同でジングルを何種類か制作した。

演奏面で磨きをかけたミュージシャンたちのライブの転換中は須田さん制作の映像が楽しめるという、文字通り見る者を釘付けにさせるライブとなった。オープニングアクトは、Green Pieceが横浜から桜木町に路上ライブの場所を移したあとの横浜駅西口で路上ライブを開始していた3人組のぐりんひるが担当。スタッフとしても活躍してくれた。

セッションでは、中原明彦作の「濱音ソング」も初披露。
会場が一体となって「横浜を鳴ら」した瞬間だった。


c0142001_342345.jpg

YASKIのサポートみよしちえのデザインした濱音-第三譜-Tシャツ。
choji主催の「月の音楽会」のテイストが入ったこのTシャツは、今回も完売御礼となった。


濱音第三譜大成功の熱も覚めやらぬ頃、
TAKUの携帯が、鳴った。

つづく。

開催まであと7日。
[PR]
# by hamaoto | 2007-11-23 03:22 | ◆濱音ヒストリー◆


by hamaoto
プロフィールを見る
画像一覧
濱音 開催情報
「濱音-第五譜-」
11月30日(金)CLUB24YOKOHAMA

OPEN 16:30 START 17:30
前売¥2,500 当日¥3,000
ドリンク代別、入場整理番号順
問合せ:045-252-4120(CLUB24)

出演:
Green Piece
NUDE VOICE
オオゼキタク
サスケ
サスライメイカー
ザ★スパイ
ロクセンチ

「濱音」は 、
参加するミュージシャン達が、自主的に企画・運営するライブイベント。
ブッキングからロゴ・映像制作、パンフレットやグッズ制作などももちろんアーティスト自身の手で行っています。
今回は「12月で閉店してしまうライブハウス・CLUB24への感謝の気持ちを込めてライブをしないか」、そう声をかけあって、久々に仲間が集まりました。前回の「濱音-第四譜-」から約5年ぶりの開催。CLUB24で、一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧